皮肉なことに、高校生にとっての野球が「仕事」でなく、「利益」を産まない「アマチュア」の「娯楽」ないしは「教育」の一環と見なされていることが、彼らのチームをブラック企業批判から免れさせているわけで、多くの強豪校は、体質としては、まるっきりのブラック企業なのである。

ネッネッきーてきーて!しゅご~いの。催ニー。女の子が「ご♥よん♥さん♥に♥いち♥…ぜろっ♥♥」ってカウントするだけでなんでか俺のオボッチマン君が「んちゃ~!」「ホヨヨー」「クッピップー!」ってなっちゃうの!不思議!とかなんとか言うとブクマとかやってる奴らは「さっさっ催眠なんてデリケートな事に素人が手を出すなんてハイリスクな事する奴は頭おかしい!低学歴!ドクズ!」とか鼻息で眼鏡曇らせながらコメントしてくっかもしんないけどまあ落ち着けと言いたい。

そんなモン何やるにしても多かれ少なかれリスクはあるだろう。PCに張り付いてはてブばっかりやるのだってピントがズレた思想に囚われて感受性が擦れるリスクもあるわけだし。

だから、例えば隣の部屋から俺のようなおじさんが「ぷぴいー♥ボクはエッチな太ももしゅべしゅべのめしゅぶたでしゅう♥ぶひぶひビクンビクン」とか言ってる声が聞こえてきてもどうか温かい目で見守っていただきたい。辛い、辛ーい仕事から帰ってきて唯一の楽しみなんだから!

ただ催ニーの大変な所は人に見られるとめちゃんこ・めちゃんこ・めっちゃんこ恥ずかしい所。俺の経験談をちょっとだけ語らせてもらうと「ぜろっ♥♥」からの「んちゃ~!」ってしてる所にオクサンがちょうど帰ってきて「ほよよ~」ってなってるところに俺のオボッチマンくんが「右向いて左向いてバイチャバイチャ」ってなってオクサンもバイチャバイチャで実家帰っちゃったっていうのが昨日。あーーーーーーーーーーーーーーなんだよこの夏死にてーーーー

「アンケート出せ」だの「初動で買え」だのは要は供給サイドのマーケティング調査上の必要性なわけでそのコストを消費者に丸投げすんな・売上に貢献してる消費者にマーケティングにも協力して当然みたいな言い方やめろやってのは言い続けたい。
vin-age
あまりに性欲が強過ぎてデート中ずっと欲情してて困るから医者に行って性欲抑える薬処方して貰って飲んだら彼女への興味が無くなってしまって別れた、みたいなやつがいました。本人が笑い話として語ってた話だけど、男の本質に迫るなかなか切実な話だと思う。

石原氏は橋下のように、都議会や都職員を悪者扱いした事は私の知る限りない。年中、野党や府市職員の悪口を垂れ流す橋下とはそこが違う。プロ野球の落合博満氏は監督時代、チームが負けても決して記者の前で選手を名指しし批判することがなかった。東電の故吉田昌郎所長もそう。

優れたリーダーは前任者の悪口を絶対に公の場で口にしない。何度も野球の例で恐縮だが、落合博満氏や藤田元司氏(故人)の言動を思い出してもらえればわかる。別に感謝を口にする必要はないが、悪口は絶対にだめ。まして橋下のような落下傘式リーダーは特にそう。「平松さ~ん」には絶句したね。