学校の授業で、すごく真面目な夫婦が、結婚五年しても子供ができないからって不妊治療に来たけど、よくよく話を聞いてみると、sexの仕方を知らなくて、毎晩手をつないで寝てた。愛し合ってて、仲良くしてるのになぜできないのかと不思議に思ってたと聞いてな・・・
wanderingdj
物忘れがひどくなったじーさんや、ばーさんが、同じ話をくりかえすのは、忘れっぽくなったのではなくて、ヒップホップがニューヨークのサウスブロンクスではじまったときのように、音楽の技法としてループしてるだけ、「認知症になった」のではなく、「ブレイクビーツをきざみはじめた」だけなのかも。
vin-age
椅子に15分だけ座る。目以外のものは動かさないで。何ひとつ動かさないこと。話せない、鼻も掻けない、重心を変えることもできない、TVのチャンネルも変えられない、コンピュータもいじれない。目だけ。そうして座りながら、自分にこう言い聞かせてみる。「これがおまえの人生。これだけがおまえに与えられた人生だ」
kirisaki
「ノルウェイの森」で学生運動に行ったらお前は女だからおにぎり作れ、と言われ、作って行ったら行ったで「具が一種類しかない。誰々さんのは卵焼きがついてた」等と言わればからしいので辞めた、という緑の発言があったな。その時学生運動を主導してたやつらが記者になってるんだと思えば合点がいく
k2low
二人は八十歳になった本田宗一郎が研究所にやってくると、そろって応接室に彼を訪ねた。そして桜井淑敏が新レギュレーションについてこまかに説明すると、本田宗一郎はいった。
「そのレギュレーションは、うちのエンジンにだけ適用されるのか?」
「いや、顧問それはちがいますよ。全部のエンジンに対してです」
「なんだ、そうか。うちのエンジンに対してだけそうするんだったら頭のいいやつらだと思ったが、やつらバカだな。どんなにレギュレーションを変えたって、変えれば変えるほどうちが有利になるだけじゃないか。短期間でどこよりもいいエンジンをつくってしまうのがうちの特長だということを、やつらは知らないらしいな。それで、相談というのは何だ」
川本信彦と桜井淑敏はたがいに顔を見合わせた。二人ともいまや完全に迷いはなくなっていた。
「いや、もういいんです。相談なんかありません」と川本信彦がいった。
二人とも本田宗一郎の純粋としかいいようのない精神に触れて、心がすっかり洗われたような気分だった。このときホンダのF1続行が決定したのである。
仮面ライダー鎧武おもしろすぎる。「悪い子になっちゃダメって言われる理由がわかるか?悪い子は、もっと悪い大人の餌食になるからだよ!」っていうやつすごかった。私がずっと息子に伝えたかったことを2行で!
「パクリ擁護派はパクられて拡散されるような優良コンテンツを作る才能も実力もないためパクられて嫌な思いをしたことがないから反対派の主張を全く理解できない」という話は多分正解だと思うけどあまりに残酷な真実すぎてつらい
Twitter見てて思うんだけど、自己紹介etcには所属組織名(新聞社とかね)を使いつつ、でも発信内容は好き勝手言うので組織とは関係ありません…という着火性の高そうな人達、あれはその人の日常生活のやり方をそのままネット上に持ってきたが故なんだろうな。